入れ歯治療

入れ歯

入れ歯治療のメリット

  • 費用が比較的安価
  • 治療期間が短い
  • 歯を削る量が少なくて済む

入れ歯に使用される素材にはさまざまなものがあり、素材によってその使用感は異なります。また、素材によって保険が適用されるのかされないのかが決まり、費用もかなり異なります。

普段は気にしていなくても、実際に歯を1本でも失ってしまうと、生活は不便になり、食事や会話も満足にできなくなります。このような状態を回復するための有効な方法の一つが「入れ歯」です。

入れ歯

  保険適用外 保険適用
素材例 金属、スーパーポリアミド、マグネットなど レジン
特長
  • 費用が割高
  • 見た目や入れ心地がよい
  • おいしく食事ができる
  • 費用が安価
  • 見た目・噛み心地に不安が残る
  • 食事の味がわかりづらい

入れ歯紹介(自費治療)

ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)

ノンクラスプデンチャー(エステティックデンチャー)

金属のバネ(クラスプ)を使用しない、弾力性のある半透明の部分入れ歯です。「スーパーポリアミド」というナイロン系の素材でできており、薄く軽く作ることができます。装着感にたいへん優れていますし、パキンと割れることはありません。さらに、金属の代わりに樹脂で人工歯を固定するので、入れ歯をしているように見えません。金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

スマイルデンチャーはシリコン裏層(義歯の裏側にやわらかいシリコンを貼り付けます)や金属床(コバルトクロムやチタン)との組み合わせも可能です。汚れや傷がついた場合にはお預かりしてラボでクリーニングいたしますので、お気軽にお申し付けください。新品同様きれいになります。

金属床

最大の特徴は強靭であり破損、変形、たわみの恐れが低いということです。レジン床に比べて熱伝導性も高く、食べ物の温度をよく感じることができます。
床の厚みや連結装置も細く薄くすることができますので、異物感も少なくすることができます。また吸水性もないため汚れません。

金属床

チタン床デンチャー

*特徴: もともと骨折治療のボルトなど体内に埋め込むことができるチタンは安全性の高い金属で、生体親和性がよく体に害を与えない事が証明されています。金属アレルギー等の心配がありません。金属味もほとんどないので味覚の変化が起こりません。比重は一般的に義歯に用いられる金合金の1/4と軽いのが一番の特徴です。

PGA(白金加金)床デンチャー

*特徴:今まで設計や適合の難しかった症例によい金属床です。

  • 精密適合がよい
  • 腐食の心配がない
  • 弾性率が高いので非貴金属に比べ口腔内での馴染みが良い
  • 抗菌作用がある
  • メタルの味がない
  • 生体親和性がよい
コバルトクロム床デンチャー

*特徴: コバルト床はメタル代が安く金属床の中でも比較的安価に製作できます。

  • 生体によくないニッケルは含んでいません
  • 薄くできスリムな金属床ができます
  • 丈夫で長持ちします
  • 熱伝導性がよいため、味覚の変化がありません

アタッチメント

*義歯のクラスプ(歯にかかる金属)を見えなくするための、各種アタッチメントがあります。
ご相談下さい。料金は別途頂きます。

入れ歯紹介(自費治療)

顎の骨に埋入したチタン製のインプラントに入れ歯を引っ掛けることにより、安定性を高め、インプラントの利点を活かした入れ歯です。インプラントを使うため手術を伴うものの、入れ歯が動く、入れ歯が外れて噛めない、といった悩みを解消できます。

>>入れ歯治療の料金はこちら

保険適用外の義歯

Copyright © MM Dental Clinic All Rights Reserved