一般歯科・小児歯科・口腔外科

一般歯科

一般歯科

一般歯科では、おもに虫歯の治療を行います。虫歯は、プラークに棲みつく虫歯菌が食べかすに含まれる糖分をエサにして酸を出し、その酸によって歯が溶ける病気です。放っておいても自然治癒するものではないため、治療が必要になります。治療しないでそのまま放っておくと、抜歯せざるを得ない状況に陥ることがあるのです。

以下では虫歯についてご紹介しています。虫歯の実態とそれぞれの症状に対する治療法について知り、早期治療に努めましょう。

虫歯は予防が大事!

虫歯治療では虫歯菌に冒された部分を削ることになり、最悪の場合は歯を抜かなくてはならなくなります。一度削ってしまった歯、抜いてしまった歯は完全に元には戻りません。そのため、虫歯にならないよう日頃から心がけることが大切です。日々の丁寧な歯磨きはもちろん、並行して積極的な定期検診の受診を心がけ、予防に努めましょう。

予防歯科についてくわしくはこちら

虫歯の進行と治療について

虫歯の進行は、C0~C4の5段階であらわされます。初期段階では、自覚症状はあまりないため、痛み出したときにはかなり進行していると考えていいでしょう。

C0:初期の虫歯

C0:初期の虫歯

症状:歯の表面のエナメル質が少し溶けた状態。自覚症状はなく、歯の表面が白っぽくなる、 奥歯の溝が茶色くなるなど、見た目に変化が起こります。
治療:この段階で、適切な歯磨きやフッ素塗布などのケアをすれば、治癒します。

C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯

症状:エナメル質がさらに溶けた状態。まだ痛みはほとんど感じません。歯の表面が黒くなります。
治療:虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰めるか、フッ化ジアミン銀による進行防止といった簡単な治療を行います。

C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯

症状:冷たいものや甘いものを食べると、しみるようになります。
治療:治療はC1と同じですが、大きいものは歯髄を保護する処置が必要です。また、穴が大きくなっている場合は、型を採って詰め物(インレー)などを作り、装着します。

C3:神経の虫歯

C3:神経の虫歯

症状:歯髄(神経)まで達した虫歯です。痛みの持続時間が長くなり、何もしなくても常に痛むようになります。進行すると、歯ぐきが腫れて膿が出てきます。
治療:「根管治療」(神経の除去)が必要になる場合があります。根管治療後は歯が非常にもろくなるので、クラウンなどの被せ物を装着します。

C4:神経が壊死した虫歯

C4:神経が壊死した虫歯

症状:虫歯菌が歯根まで到達し、歯冠部がほとんどなくなり、根だけが残っている状態。神経が壊死しているため痛みはありませんが、放置しておくと膿が溜まり激痛が走ります。
治療:健全な歯質が残っていれば根管治療を行い、残った根を利用し土台を作って差し歯を装着します。健全な歯質がほとんどない場合、または根の先の病巣が非常に大きくなっている場合は、抜歯が必要になることもあります。抜歯後は、インプラント入れ歯などによって歯の機能を補います。

3mix法(できるだけ削らない虫歯治療法)

3mix法(できるだけ削らない虫歯治療法)

おもに象牙質の虫歯(C2)の段階で採用される、3種類の薬剤を用いた虫歯治療法です。虫歯部分を削ることなく、薬剤で虫歯菌を殺菌して口腔内を無菌化し、組織を修復します。

また、神経を取ると歯はもろくなってしまうもの。3mix法では神経の虫歯(C3)まで進んだ段階でも、神経が壊死しまっていないかぎり神経を取らずに修復できます。歯を可能なかぎり残すことが可能になるのです。

痛みはほとんどありませんので、安心してお受けいただけます。院長の北條が推奨する、健康保険適用外の治療法です。
ご予約時にお申し出ください。

口腔外科

口腔外科

顎が痛い方
お口の中に出来ものがある・・・
親知らずの難抜歯

なども対応しております

低侵襲の外科手術―ピエゾサージェリー―

低侵襲の外科手術―ピエゾサージェリー―

MMデンタルクリニックでは、安全性を重視した低侵襲の外科手術を積極的に行っております。CTによる精確な診断を行い、常に最先端器材を導入して手術にあたっています。

最近日本でも認可の下りた骨手術用器械「PIEZON MASTER SURGERY(EMS社)」は、三次元超音波振動により骨などの硬組織を切削します。従来の回転切削器具より精度が高いため、骨の切削量も出血量も最小限に抑えられます。また、歯肉や舌などの軟組織にダメージを与えないため、手術後の傷口がきれいなのが特徴です。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、お子様の虫歯の予防と治療などを行っています。乳歯の虫歯は、次に生えてくる永久歯や、顎の骨の成長に悪影響を与えるため、お子様の虫歯は早期発見・早期治療が非常に重要です。

乳歯の頃から、日常のお口のケアや歯磨きの習慣を身に付けさせてあげ、お子様の将来の歯の健康を保ってあげましょう。

予防処置

フッ素を塗布することで歯質を強くし、虫歯になりにくい丈夫な歯にします。また、フッ素は歯のエナメル質を再石灰化させる働きがあるため、塗布によって初期の虫歯を治すこともできます。定期的にフッ素塗布を受け、虫歯知らずの健康な歯を維持していきましょう。

シーラント

シーラント

「シーラント」とは、「六歳臼歯」などの奥歯の溝をプラスチック樹脂によって埋める虫歯予防法です。生えたばかりの六歳臼歯は溝が深く比較的虫歯になりやすいため、シーラントがたいへん効果的です。

Copyright © MM Dental Clinic All Rights Reserved