マウスピース矯正の現状と今後|MMデンタルの歯科コラム

歯科コラム Column

マウスピース矯正の現状と今後 Column

マウスピース矯正の現状と今後

「歯を矯正治療する」と聞くと、歯に取り付けられた金具をイメージする方が多いでしょう。これはメタルブラケットと呼ばれる矯正方法で、ワイヤーの通った金属製の四角い装置を歯の表面に接着し、ワイヤーを引っ張ることで歯を移動させてキレイな歯並びにする方法です。現状でも使用されている矯正方法ですが、メタルブラケットよりも人気なのがマウスピース矯正です。

以前は、ワイヤー式の矯正方法しかなかったので、選択の予知はありませんでした。ところが2006年ごろから「インビザライン」と呼ばれる、マウスピース型の矯正装置が日本でも導入されはじめ、現状では多くの方がマウスピース矯正を選ぶようになっています。マウスピース矯正が人気な理由は、目立たないことが一番でしょう。次いで、歯科クリニックに通う回数が少なくて済むことも、人気の理由のひとつになっています。ワイヤー方式のメタルブラケットでは、金属部分がどうしても目立ってしまうので、透明で目立たないマウスピース矯正を選ぶ方が多いです。インビザラインでは、コンピューターで歯の移動のシミュレーションを行なうので、患者様にベストな治療計画を提案することが可能です。

また、ワイヤー方式のようにその都度、歯科クリニックで調整を行なうのでなく、治療完了までに必要な矯正装置を作ることができるので、患者様の負担が軽減できるメリットもあります。また、マウスピース矯正が人気の理由に、取り外しが自由にできることも挙げられます。例えば、結婚式や舞台など、大勢の人前に出るイベントがあっても、その時だけはマウスピースを外せばいいので、どんな時でも見た目を気にすることはありません。

ただしそのメリットが逆にデメリットになるケースもあります。ワイヤー式だと外すことはできないので、毎日確実に歯を矯正し続けることができますが、マウスピース矯正の場合、食事や歯みがきの時間を除き1日20時間以上は装着していないと効果がありません。 ですから、カンタンに取り外しができるために、意思が弱いと装着をためらってしまい、矯正治療が上手くいかないこともあり得ます。さらに、ワイヤー式の矯正ではほぼ全ての症状に適用できますが、一般的にマウスピース矯正では極端に歯並びの悪いなどの叢生の人や、反対咬合と呼ばれる噛み合わせの悪い人、歯周病の症状がひどい人など、適用できない症例があることも知っておいてください。
しかし、マウスピース矯正ができなくてもワイヤー矯正などの他の治療方法で矯正ができる場合もあります。まずは、今後もマウスピース矯正の人気は衰えないと予想されますが、目的である「キレイな歯並び」になるために自分に合った矯正方法を見つけてください。そのために、自分がどの矯正に適しているのか矯正認定医に相談することをお勧めします。矯正治療に精通している当クリニックでは、患者様ひとりひとりにもっとも最適な矯正法をお伝えしておりますので、ぜひご相談ください。


医院コンテンツ
  1. ホーム
  2. はじめての方へ
  3. 医院紹介・アクセス
  4. スタッフ紹介
  5. 料金表
  1. 症例集
  2. スタッフ募集
  3. お問い合わせ
  4. ブログ
  5. 歯科コラム
診療案内
  1. インプラントによる治療
  2. マイクロスコープを用いた治療
  3. 矯正歯科
  4. 審美的治療
  5. 予防・メインテナンス
  6. 一般診療