根管治療ってそもそも何をするの?|MMデンタルの歯科コラム

歯科コラム Column

根管治療ってそもそも何をするの? Column

根管とは血液や神経が通っている歯髄のことです。虫歯は通常、歯の表面から悪化していきます。そして段々と虫歯が進行し、歯髄にまで虫歯の原因菌が入ってしまうと、歯が痛み出し、腫れてしまいます。そのままにしておけば、歯の内部や神経が溶けてしまうのです。そこで歯の内部の細菌を除去し、痛みや腫れなどを緩和させるのが根管治療です。

根管治療にはいくつかの方法があります。まず抜髄というのは、歯髄炎になった歯髄を取り除く方法です。虫歯や噛み合わせの悪さ、知覚過敏などのために歯髄が刺激され続けると、歯髄炎となり、歯痛が起こります。
この炎症や痛みの緩和のため、根管治療の抜髄が行なわれます。丁寧に歯を切削し、専門の器具で歯の内部の歯髄に処置を施します。内部が損傷しないように、注意しながら行なわなければなりません。細菌等の除去ができたら、削った部分の空洞を埋めます。欠損部分が大きい際には、土台を埋め込むこともあります。

次に感染根管治療です。歯髄炎がさらに進行し悪化すると歯髄は壊死して腐り、歯根の際には膿が溜まってしまいます。この場合には、歯髄と汚れた歯根をきれいにし、膿を取り除かなければなりません。そのために、感染根管治療を行ないます。

一度根管治療を行なっても、また炎症が再発してしまったら再根管治療を行ないます。歯根に残っていた細菌が増殖してしまっているので、その細菌や以前の治療での詰め物を除去します。そして再び根管をきれいにします。

以上の方法でも治らなかったら、外科治療を行なわなければなりません。歯肉を切開して、原因菌を取り除きます。根管治療が必要になった場合に、信頼のおける歯科医院や歯科医のもとでしっかりと抜髄を行なうことが必要です。それが不十分であると悪化し何度も再発、治療を繰り返さなければならなくなります。歯の寿命にも影響があり、抜歯になるかもしれません。そうなってしまう前に根管治療を十分に行なうことが大切です。


医院コンテンツ
  1. ホーム
  2. はじめての方へ
  3. 医院紹介・アクセス
  4. スタッフ紹介
  5. 料金表
  1. 症例集
  2. スタッフ募集
  3. お問い合わせ
  4. ブログ
診療案内
  1. インプラントによる治療
  2. マイクロスコープを用いた治療
  3. 矯正歯科
  4. 審美的治療
  5. 予防・メインテナンス
  6. 一般診療