オーラルフレイルの症状と対策|MMデンタルの歯科コラム

歯科コラム Column

オーラルフレイルの症状と対策 Column

オーラルフレイルの症状と対策

オーラルフレイルという言葉を聞いたことがありますか? これは一体どんな症状なのでしょうか。 まずオーラルは「口」という意味です。フレイルは「か弱さ」や「壊れやすさ」を表しています。この二つのことばが組み合わさったオーラルフレイルの症状について、今回は具体的にご説明します。食事をしていて、「むせる・食べこぼす」、「食欲がなく、少ししか食べられない」、「柔らかい物ばかり食べる」といったことが増えたと感じませんか。また生活の中で、「滑舌が悪い、舌が回らない」、「口が乾く、においが気になる」、「自分の歯が少ない、あごの力が弱い」という変化はありませんか?

このような口に関するささいな悩みが積み重なっていくと、オーラルフレイルの状態になります。若い頃には健康で元気だったのに、様々な原因により口の機能が低下してしまうのです。さらにそれが心身機能の低下にまでもつながってしまいます。では、オーラルフレイルの症状を予防するためには、どんな対策をすればよいのでしょうか。対策として栄養、身体活動、社会参加という3つのポイントがあります。

栄養は、食と口腔機能の視点から考えます。食事でタンパク質をしっかりとり、栄養を心がけましょう。お口の健康のためには、定期的に健診を受けましょう。身体活動は、たっぷり歩くこと、ちょっと頑張って筋トレをすることから始めましょう。日常的に体を動かすのを意識していくことが大切です。社会参加も重要なポイントです。働くこと、ボランティアに参加すること、充実した余暇活動を行なうことにより、心身ともに前向きで健康的な生活ができます。友達と一緒に食事をするといった簡単なことでもよいのです。社会とのつながりを持つことが健康につながります。

意識して口を動かす口腔体操も対策のひとつです。口や舌を動かしたり、ぶくぶくうがいを行なったりすることで、口や舌の動きがスムーズになります。自分自身でこうした予防対策をとるのはもちろん、定期的な健診で歯科医にチェックしてもらうこともオーラルフレイルの予防になります。自分では気づけないささいな衰えがあるかもしれません。


医院コンテンツ
  1. ホーム
  2. はじめての方へ
  3. 医院紹介・アクセス
  4. スタッフ紹介
  5. 料金表
  1. 症例集
  2. スタッフ募集
  3. お問い合わせ
  4. ブログ
  5. 歯科コラム
診療案内
  1. インプラントによる治療
  2. マイクロスコープを用いた治療
  3. 矯正歯科
  4. 審美的治療
  5. 予防・メインテナンス
  6. 一般診療